背中にきびの原因と治療

オルビス

背中ニキビの原因は、背中自体が顔よりも脂線が大きく、活発に脂を作るからです。しかも顔のうぶ毛よりも、背中や胸のうぶ毛は太いため、脂が排出しにくくなっています。そのため背中には脂肪や汚れがたまりやすくなっていて、ここにアクネ菌が繁殖してニキビとなります。これが背中ニキビの原因とメカニズムです。

背中ニキビを放っておくと悪化して、重症ニキビになる心配があります。背中のニキビが炎症・化膿を繰り返すと、真膚にニキビ跡のトンネルをつくり、クレーター化のにきび跡ができてしまいます。そうなると、ケロイド状となってヤケドと同じ、一生消えない傷跡になってしまいます。

背中にきびは、美容面からいっても軽々しく放っておけない症状ですので、早めの対策が肝心です。背中ニキビの対策としては、毛穴につまった脂肪や汚れを取り出して、常日頃からスキンケアをしていくことが、もっとも良い背中ニキビの対策になります。